医学部を目指して予備校で勉強した体験

実力が上がったのは、その予備校との出会いがあったから

幼いころから医師になりたいと思っていた : 高校2年生の時点で医学部を目指して頑張っている生徒はとてもレア : 実力が上がったのは、その予備校との出会いがあったから

合格している可能性は50%というのが当時の感想です。
緊張して待っていると、無事に基準点をクリアできていることを告げられました。
志望校がどこか聞かれて、いくつかの医学部を挙げたところ、努力すれば決して不可能ではないというのが講師の返答です。
それを聞いて一段とやる気が出てきたので、さっそく入塾の申し込み用紙をもらって帰りました。
実はこの時点ではまだ親に話しておらず、こちらにも認めてもらうという難題が待っています。
少し緊張しながら伝えると、当たり前のように許可してくれたので良かったです。
裕福な家庭とはいえませんが、昔から教育に関してはお金を惜しみません。
それに感謝しながら翌日手続きをするために塾へ行きました。
そこからは学校と塾のダブルスクール状態で勉強に取り組むことになります。
部活に入っていなかったので、幸いにも時間的には十分な余裕があります。
しかし、中高一貫校の生徒たちは学校でも受験勉強をしているため、彼らに後れを取っているのは間違いのない事実です。
公立高校の弱みを嘆いても仕方がないため、集中力を極限まで高めて勉強することにしました。
その成果が次第に現れるようになり、高校3年生の中盤では安定してB判定を取れるようになりました。
このように実力が上がったのは、その予備校との出会いがあったからです。

もうすぐ辞める医学部受験の予備校がありますが高いお金を生徒から取る割に予備校のやり方がずさんです

色んな医学部受験の予備校がありますがやり方が似ているので安易に入らない様にしましょう

予備校に感しては5ちゃんねるで悪い口コミがないか調べるべきですhttps://t.co/bzdhJ4nLa2#医学部

— jonio-corders運営者 (@jonio1218) October 5, 2021